事例紹介

事例詳細

注目の首長選挙 堺市長選挙(13/08/24実施)

EH196_L

選挙調査の株式会社グリーン・シップは、GSパワーコールを利用して、大阪府堺市の電話帳に掲載のご家庭に、来月実施される堺市長選挙915日告示、29日投開票)についての情勢調査を実施しました。ご協力頂いた皆様には感謝申し上げます。(実施日:平成25824日 調査手法:アウトバウンドIVRによる聞き取り調査 サンプル数:281

 

現職の竹山市長がリード

現職の竹山修身市長と、維新が擁立を予定する西林克敏・元堺市議による事実上の一騎打ちと噂される堺市長選挙。現時点でどちらの好感度が高いのか!

調査によると、現職の竹山市長が43.2%、元堺市議の西林氏が31.3%と約12ポイントの開きがあり、現時点では現職がリードしています。竹山氏は、女性の支持率が高いのが特徴です(詳細は、別紙の男女別集計表をご覧ください)。「まだ決めていない」は26.3%ですが、投票日1ヶ月前で若干低めの数字であることから、有権者の関心の高さがうかがわれます。

130824堺市長選挙図1

有権者が注目する争点

それぞれの候補予定者が掲げる「大阪都構想への参加」と「政令指定都市の維持」の対立する政策がほぼ同数で拮抗しています。続いて「市職員の給与削減」が19.6%、「医療福祉の充実」が16.7%と続きます。

130824堺市長選挙図2

全体集計表はこちら ▶ PDF  130824堺市長選挙全体集計表

※男女別集計表、年代別集計表、支持政党別集計表など、さらに詳しい資料をご希望の方は、株式会社グリーン・シップまでお問い合わせください。

 

 

タグ:
  • リサーチ・ザ選挙 | GS当選ナビゲーター