事例紹介

事例詳細

注目の市長選挙 岡山市長選挙(13/09/24実施)

FE048_L

選挙調査のグリーン・シップは、GSパワーコールを利用して、岡山市の電話帳に掲載のご家庭に、来月投開票予定の岡山市長選挙(922日告示、106日投開票)についての情勢調査を実施しました。ご協力頂いた皆様には感謝申し上げます。(実施日:平成259月24日 調査手法:アウトバウンドIVRによる聞き取り調査 サンプル数:320)

大森雅夫候補がリード。まだ決めていないは6割近く。

現職の退任により、無所属新人3人が立候補表明をしている岡山市長選挙。調査によると、現在リードしているのは、大森雅夫候補が24.4ポイント。続いて、熊代昭彦候補が13.8ポイントと続いています。投票日1ヶ月以上前ということで、「まだ決めていない」「分からない」方の割合が高く、合せて57.2%となります。

岡山市長選挙支持候補者図

有権者が注目する争点

 有権者が関心を持つ市政の課題ですが、「医療福祉の充実」と「景気対策」が20ポイントを超え、「市職員の給与削減」と「教育や子育て支援」が15ポイントと続きます。現状において市民の関心はこの4つ課題が主な関心事となっています。

岡山市長選挙政策課題

全体集計表はこちら ▶ PDF  130901岡山市長選挙

男女別集計表、年代別集計表、支持政党別集計表など、さらに詳しい資料をご希望の方は、株式会社グリーン・シップまでお問い合わせください。

  • リサーチ・ザ選挙 | GS当選ナビゲーター