事例紹介

事例詳細

NISAアンケート(13/10/31実施)

グリーン・シップは、GSパワーコールを利用して、東京都内のコンピュータで無作為に選んだ電話番号に対して、少額投資非課税制度・NISAに関する調査を実施しました。ご協力頂いた皆様には感謝申し上げます。(実施日:平成25年10月31日 調査手法:アウトバウンドIVRによる聞き取り調査 サンプル数:437)

 

少額非課税制度NISAを利用してみたいか

 

年間の投資総額が100万円以内であればそこから得られる運用益、配当金については非課税になる【少額非課税制度NISA】(26年1月より実施予定)を利用してみたいと思いますか?という質問に対して、「申し込み済」(20.4%)、「是非利用してみたい」(12.4%)、「どちらかといえば利用したい」(17.4%)を合わせた「利用に前向きな層」は50.2%と、約半数が利用したいと考えていることがわかった。

NISA全体集計1

 

 

NISAを開設するならば、どの金融機関に申し込みするつもりですか?

 

現時点で、NISA口座を開設するとしたら、あなたはどの金融機関に申し込みをするつもりですか?という質問に対して、「銀行」(29.5%)の割合が最も高く、次に「証券会社」(22.9%)が高いことがわかった。

また、年代別に見ると、「30代」「40代」「50代」は銀行(30代(31.3%)、40代(31.5%)、50代(31.5%))が最も高く、「60代」「70代」は証券会社(60代(36.7%)、70代(30.1%))が最も高い割合であることがわかった。

NISA全体集計2

NISA年代別集計1

 

NISAの利用でどのような商品に投資してみたいと思いますか?

 

NISAの利用で、どのような商品に投資してみたいと思いますか?という質問に対して、「国内株式」(31.4%)が最も高い割合であることがわかった。逆に、「海外の株式、投信、債権」(6.6%)が最も低い割合であることがわかった。

また、利用意向別に見ると、「ぜひ利用してみたい」、「どちらかと言えば利用したい」ともに【国内株式】が最も高く、次に【国内投資信託】の割合が高かったのに対し、「申込み済」のみ【国内株式】が最も高く、【海外の株式、投信、債権】(19.1%)が次に高い割合であることがわかった。

 

NISA全体集計5

NISA利用意向別2

 

全体集計表はこちら ▶ PDF  131031NISAアンケート全体集計表

男女別集計表、年代別集計表、各項目別集計表など、さらに詳しい資料をご希望の方は、株式会社グリーン・シップまでお問い合わせください。

 

タグ:
  • リサーチ・ザ選挙 | GS当選ナビゲーター